みなさんは、「二重査定制度」という言葉を知っていますか? 恐らく、知らない人の方が多いと思いますが、二重査定制度とは、後から査定額を変更できる制度のことです。 例えば、ある業者に査定を依頼して、査定額が決定したとします。 本来であれば、そのまま買取してもらって終わりですが、後から故障箇所や大きな傷が見つかるケースもありますよね。 その場合には、一度決定した査定額を変更される可能性があるのです。 しかも、場合によっては、嘘の申告をしたと判断されて、違約金を請求されるケースもあります。 業者にとっては都合の良い制度ですが、ユーザーにとっては非常に不利な制度ですよね。 悪質な業者になると、この二重査定制度を巧妙に使って、査定額を大幅に下げることもあります。 二重査定制度によるトラブルを防ぐためにも、契約する前に契約書をしっかりと確認すること、査定時に車の状態を正確に伝えることが大切です。 二重査定制度を採用している業者は多いので、悪用されないようにくれぐれも注意してください。